これ気になるほど!

「なるほど!」と思って貰えるように日々頑張ります!

【ネタバレ無し】ベイマックスの感想と原作やポスターのこと

f:id:ponyosuke_20:20170317041726j:plain

2014年12月20日に日本で公開されたベイマックスっていう映画知ってる??

 

公開されてから2年と半年ぐらいしてから、レンタルで借りて見てみたんだけど、ベイマックスってめちゃめちゃ面白かった!!!

 

すっごい、今更なんだけどベイマックスについて書きたくなっちゃったから書くことにしました(笑)

 

書きたいことを自由に書くのがブログだからさ( ドヤ

実は原作はmarvelコミックス

まずは、下の画像を見てほしい!!!

 

f:id:ponyosuke_20:20170317033033j:plain

これは、1998年に刊行された「Sunfire & Big Hero 6」という漫画です。

 

X‐メンと呼ばれるヒーロー漫画があり、そのX‐メンに出てくる、サンファイヤとシルバーサムライを中心にした6人のチームが描かれています。

 

この、「Sunfire & Big Hero 6」を元に2008年に作られたのが、「ビッグヒーロー6」という漫画。

 

「ビッグヒーロー6」がベイマックスの原作にあたるんです!!

 

f:id:ponyosuke_20:20170317033637j:plain

 

登場人物の容姿は映画版とは大きく異なっていますね。

 

ベイマックスも硬そうで抱き着きたくない感じ(笑)

登場人物が良い!!!

この映画の登場人物は、主人公とその仲間に加えてベイマックスが主になります。

f:id:ponyosuke_20:20170317034402j:plain

しかし、その主人公たちの周りも、ディズニーらしい魅力的なキャラクターばかりとなっていて最高に良かった!!

 

細かく見ていると、キャラクターの性格ごとに動作などがマッチしていて関心させられるレベルだと思う。

 

体系もみんなバラバラで並んだ時に良いバランスになるようになっている。

 

さすが天下のディズニー様だと言ったところ(笑)

日本とアメリカのポスターの違い

日本のベイマックスの取り上げ方とアメリカでの取り方は大きく異なっている。 

まずは、日本とアメリカのポスターの違いを見てほしい!

 

左が日本版。右がアメリカ。

f:id:ponyosuke_20:20170317034827j:plain

 

日本のポスターはまずタイトルから違っている。

 

そう、本来のタイトルは原作どうりの「BIGHERO6」となっている。

 

日本人向けのタイトルに変更されてしまっている。

 

ポスター全体の雰囲気も大きく異なる。

 

日本版は、子供向けという感じが強いように感じる。

 

日本での公開日も12月だったということもあって、冬休みの親子連れをターゲットに考えていたのかもしれない。

 

しかし、逆にアメリカ版はアクション色が強いポスターになっている。

 

日本のポスターからは想像できないくらいに、ベイマックスが都会の夜空を飛んでいてすごく対照的に感じるポスターになっている。

どっちのポスターが良いのか

日本とアメリカでは対照的に描かれているポスターですが、どっちのポスターがよりベイマックスの世界観を表しているのかという問いです。

 

ベイマックスの映画は家族みんなで楽しめるような温かいストーリーに迫力あるアクションを織り交ぜています。

 

そういう意味で考えると、どちらのポスターも良いと思います。

 

でも、僕個人の意見としてはアメリカ版はアクションが前面に押し出されすぎている気がしてしまい日本版のほうが好みではあります。

 

日本版のポスターの良いところは、温かさが伝わるポスターのイラストと

 

¨優しさ¨で世界は救えるか? 

 

この文章のインパクトです。

 

ポスターのイラストとは対照的なこの文面があることで、ベイマックスの世界観やストーリーにとてもあっていると思いました。

 

映画を見終わったあとに、このポスターを見ても

 

「あなたの心とカラダを守ります。」

 

このセリフにグッとくる人はきっと多いはず。

 

本当に、日本人向けに考えられたポスターの作りになっていると思いました。

最後に…。

ここまで、読んでくれてありがとうございました。

 

ここからの文章はベイマックスに特別関係しているわけでは無いので、興味がない方は読まなくても大丈夫です。

 

これからも、このブログで僕がみた映画を新旧問わず紹介していこうと考えています。

是非また、このブログを読んでくれたら幸いです。

 

ではまた!!!