読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これ気になるほど!

「なるほど!」と思って貰えるように日々頑張ります!

週刊少年ジャンプを買うのを辞めた話

漫画 雑記

f:id:ponyosuke_20:20170219174623g:plain

僕、漫画すごい好きなんです。

漫画好きだからこそ週刊少年ジャンプって素晴らしい雑誌だと思うんです。

そして、その週刊少年ジャンプ6年間毎週かかさずに購入していました。

しかし

2016年で購入を辞めました!!!

おっさんになっても読んでるんだろうなぁーと思いながら読んでた雑誌を少年?青年?の段階で手放すことになったんです。

去年の自分では全く予想していなかった出来事です。

せっかくなので、購入しなくなった理由から購入しなくなって漫画に対する自分の意識はどう変わったのかについて書いていこうと思います。

なぜ購入しなくなったのか…

ジャンプは本当に突然購入しなくなっちゃいました。

2016年といっても「トリコ」の連載が終わった時点で購入を辞めました。

確か11月ぐらいのはず…。

ジャンプを読み終わった瞬間に

 

今週で最後だな…。

 

何かを悟ったのかのように突然思いました。

辞めてしまった理由に自分の中でこれだなっていう理由が一つあります。

 

今年終わった漫画多すぎん!?

 

もう完全にこれです。これしかありません。絶対これ。

 

実は2016年って結構な数の人気漫画が連載を終了した年なんです。

最初にあげた「トリコ」「暗殺教室」「ニセコイ」「BLEACH」「こち亀

20巻以上単行本を出している長寿組が5本も終了してしまったのです。

(そのほか自分が好きな漫画も終了した)

 

いや、連載が終了して完結することはだらだら続いてしまうより本来嬉しいことなんです。

でも、でも

 

一気に終わりすぎじゃない!?

 

週刊でも月間でもいいんですが雑誌を購入している人ならわかると思うんですがやっぱり楽しみな漫画ってあるじゃないですか。

 

僕の場合そういう楽しみな漫画が今年終わった漫画に多く含まれていたんですね…。

もう正直に書いちゃうとジャンプ買っても読まずに飛ばす漫画って結構たくさんあるんです(笑)

でもこれってジャンプの特徴のせいでもあると思ってます。

 

最初に人気が出なければすぐ連載終了

 

ジャンプってそうなんです。人気ないとすぐ終わるんですね。

でもこれなジャンプのメリットでもありデメリットでもあります。

そして、長いことジャンプ読んでるとなんとなく気づくんです…

 

あっ、これ駄目なやつだ…

 

f:id:ponyosuke_20:20170219174530p:plain

すごい失礼なことかもしれません。

でも

 

実際すぐ終わるもん!!!(笑)

そういう漫画ジャンプの後ろのほうに固まってるときあるよ!?

 

ということでジャンプ読まなくなった理由は単純に読む漫画が減ってしまったということですね。 いたって普通の理由です。

読まなくなっても漫画は好き

まあ当たり前ですが読まなくなっても漫画は変わらず大好きです。

 

ジャンプを買わなくなって続きが週刊で読めなくなったのはまあしょうがないです。

ネタバレを食らわないように単行本の発売日を待つ日々です。

 

あっ、単行本は以前より読んでて楽しいです! 

ジャンプの単行本を買う漫画はどうしても一度ジャンプで読んでしまっているわけです。

 

漫画は何十回と読み返すタイプの人間ですがやっぱり初見には初見の面白さというのがあります。

なのでジャンプの漫画の単行本を初見で読むことは今までなかったので新鮮で良かったです。

自分的には買うの辞めて正解!!!

この意見はもちろん僕の場合の意見です。

 

今のジャンプに好きな作品たくさんあって好きだよ! って人はこれからもジャンプを読んでほしいと思います。

逆に自分のように最近好きな漫画減ったなーという方は一度辞めてみるのも手段の一つとして全然ありです。

 

また読みたいと思ったらまた買うこともできます。

続きが気になる漫画は単行本で読めばいいんです。ネタバレには気を付けてください(笑)

最悪立ち読みという手段もあります 僕はあまり好きじゃないですが…

 

あっ、後は場所ですね。ジャンプを置いていた悪魔の置き場です。

 

なんかもったいなく感じてしまってずっと溜めてあったのですが、購入を辞めたタイミングでほぼ全部捨てることにしました。

今までジャンプに支配されていた部屋の押し入れが6年間分のジャンプがなくなりだいぶスッキリしました(笑)

 

ジャンプを買わなくなっても漫画は読みますし自分的には良い判断だったんじゃないか…って感じです。

 

ではまたどこかで!