これ気になるほど!

「なるほど!」と思って貰えるように日々頑張ります!

【ネタバレなし】SAOの映画をアニメ初心者が最大限に楽しむための方法と感想!

f:id:ponyosuke_20:20170218182425g:plain

オーディナルスケール起動!

このセリフをテレビCMなどで耳にして気になっている方も多いと思います。

そう!

「劇場版ソードアート・オンラインオーディナルスケール‐」です!

自分は公開初日に早速映画のほうを見たのですがとっても面白かった!大満足です!

このアニメのことをよく知らないけど気になっている人もきっといるはず!

そこで!

そんな人たちにどうしたら最大限に楽しめるのかをネタバレなしで書いていこうと思います。

 

まず最初に…

劇場版SAOを楽しむためにアニメは見るべし!

まずはSAO(ソードアート・オンライン)のアニメの歴史について軽く触れておこうと思います。

SAOって元々は電撃文庫から出版されている小説です。2017年現在もその人気は衰えることなく連載が続いています。

小説は大切な原作ではありますが今回はあえてあまり触れないことにします。

そんなみんなから愛されるSAOがアニメ化したのは2012年の7月のことです。

7月から12月まで放送された一期は二つの物語が25話の中に納まっています。

そしてその年の12月31日にはニコニコ動画などで番外編も放送されるという人気っぷり。

自分もワクワクしてみた記憶があります(笑)

そして、勘の良い方はもうお気づきだとは思いますがSAO人気は止まらず2014年7月より二期の放送も開始されました。

二期は全24話(総集編あり)で三つの物語で構成されました。

こんな歴史があり2017年2月18日ついに映画化となったわけです。

SAOのアニメの歴史をさらっと振り返ったとこでここからが本題です。

 

映画を楽しむために…

まずはアニメの一話を見てください!

後ほど説明するんですが劇場版を楽しむためにはまずは一話を観ることが必須と言っても過言ではないです。

自分が「SAOってこんな話だよ!」「ここが見どころだよ!」…なんて説明するより30分でアニメの一話をさくっと見てしまった法が絶対に早いです。

まさに、「百聞は一見に如かず」ってやつです。

まず一話を見て「面白い!!」と思った方はもう一度この記事に帰ってきてくれると嬉しく思います。 

アニメを一話見て面白かった人はどこまで見れば最低限楽しめるのかをここからは書いていこうと思います。

 

アニメの一話を見て面白い!と思った人は

 

f:id:ponyosuke_20:20170218195728p:plain

 

 

アニメは最低一期の15話は見てください!!!

大切なことなので太字で大きな文字で色を付けて言っておきました。

もちろん見れる方は二期までしっかりと見たうえで映画に行ったほうが楽しめるよ!…というのが本音ではあります。

実際に映画を鑑賞して、「アニメをしっかり見ておいて良かったー」と僕はすごく感じた作品でした。

しかし!

「二期全部なんてみる時間ないよ!」という方もいると思います。

そういう方は是非一期の15話だけでも見てください。

その理由はですね…

最初の15話にはたくさんの重要なことが描かれているからです。

劇場版SAOには主人公「キリト」のたくさんの仲間たちが登場します。

その仲間たちとの出会いなども15話にしっかりとちりばめられています。

その他にも15話には様々なキャラクターのエピソードがあるので劇場版を観に行く前に観ておいて絶対に損はありません

むしろ、劇場版SAOにはアニメの様子がたびたび出てきます。

そんなシーンが出てきた時にアニメを見た人かそうでない人のどっちが楽しめるかと言ったら絶対にアニメを見た方だと僕は思います。

アニメを見たほうが楽しめるんです!

これに関してはきっと他のSAO好きの方も賛成してくれるはず…。

あっ、最低限15話見てくださいと言いましたがきっと15話まで見た人は15話で観るのは辞めることはできないはず(笑)

その理由はアニメを見ればきっと分かっていただけると思います(笑)

最後に…。

今回劇場版SAOを楽しんでいただけるようにSAOのことについて少しだけ書かせてもらいました。

今回書いたことはSAOを楽しむための最初の一歩みたいなものです。

本当に入口みたいなものだと思ってください。

SAOにはアニメ以外にも、「原作の小説」、「漫画」、「ゲーム」など多種多様の楽しみ方が存在します。

全部楽しもうと思ったらもっとたくさんの方法が存在します。

その入口として劇場化がされた今、まずは「アニメ」、「映画」からSAOを楽しんでいただければ幸いです。

 

ではまた!